季節の変わり目と敏感肌

季節の変わり目は、一日毎に気温や湿度などの環境の差が大きく、体調を崩しやすくなります。肌も影響を受けていることが多々あり、季節の変わり目で肌にトラブルが生じてしまう肌を「ゆらぎ肌」と言います。ゆらぎ肌は敏感肌とよく似ています。一般的に、年間を通じて常にデリケートな状態の肌は敏感肌と言われ、春先などに肌の調子が不安定になる肌をゆらぎ肌と言います。

 

春先は肌にとって外部刺激の多い時期です。数種類の花粉や強くなり始めた紫外線、三寒四温による激しい温度差、新生活によるストレスなどです。スキンケアやメイクは敏感肌用を使用し、これ以上の刺激を与えないようにします。この時期だけ、化粧水の後にワセリンのみというケアをする人もいます。ワセリンは肌に浸透しないので刺激が少ないうえに、肌の水分を閉じ込め、さらに外部刺激から肌を守ります。

 

効能は保湿以外特にありませんが、ゆらぎ肌や敏感肌の人の中には、こういったシンプルケアで肌の調子が戻ったという人が少なくありません。紫外線は一年中降り注いでいますが、春先から強くなります。夏のみ紫外線対策をする人が多いですが、春先から始めなければなりません。UVカット乳液やクリームも、敏感肌に優しいものが好ましいです。

乾燥肌の肌の状態

乾燥肌の状態で一般的な物は、肌に水分や皮脂が足りない状態になっていますから、皮膚がめくれ、カサカサになっている状態になります。細かい角質が全て剥がれ落ち、余分な皮膚が肌に付着している状態になると、かゆみも伴うようになるのです。乾燥肌である場合、肌が白くなっている状態になります。皮膚がはがれているため、白く見えるのです。はがれていることを目で確認できなくても肌が白い状態である場合はほとんどの場合乾燥肌と呼べるでしょう。

 

乾燥肌が進み、白く粉が吹いている状態である場合の人もいます。そのような状態だと乾燥性敏感肌になっているのかもしれません。敏感肌用のスキンケアでもピリピリとした痛みが伴う場合もあります。乾燥性敏感肌の場合、肌がピリピリするだけではなく、赤みやかゆみも併発しやすくなってしまいます。そのような状態になってしまうとスキンケアができなくなってしまい、通院することしか手がなくなってしまう場合もあります。顔の場合は普段から乾燥に気を配る人も多いのですが、全身であると、乾燥をあまり気にしないという人が多く、気が付いたら乾燥性湿疹により、かきむしってしまうという事も考えられます。

 

乾燥肌は乾燥肌対策を取ることで必ず改善することができます。特に手が届かない背中などは乾燥肌対策を怠りがちですが、乾燥のため、背中がかゆくて眠れないという人もいます。顔だけではなく、全身の水分補給と保湿が必要ですので見えない部分にも気を配りましょう。

おすすめリンク集

乾燥肌でも大丈夫?まずは、無料カウンセリングが受けられる!
神戸で肌に優しいお手入れをお望みなら→ミュゼ神戸